乳腺外科・乳房外科・美容外科・形成外科 [ 東京・名古屋・大阪・福岡・札幌 ]
豊胸手術・ヒアルロン酸注入豊胸法・陥没乳頭の治療・乳がん検診/バスト専門のナグモクリニック

文字サイズ 
HOME  >  予防的乳房切除術

アンジェリーナ・ジョリーさんが予防的乳房切除術を選択した理由
アメリカ・ハリウッドを代表する女優アンジェリーナ・ジョリーさんが、2013年5月14日、「ニューヨーク・タイムズ」紙を通して、乳がんになるリスクを減らすために「予防的乳房切除術」を受けたことを発表し、日本でも大きな話題となりました。

ジョリーさんの母親も叔母も、がん抑制遺伝子のBRCA1とBRCA2のどちらか、もしくは両方に生まれつき変異を持つ「遺伝性乳がん・卵巣がん症候群(HBOC/Hereditary Breast and Ovarian Cancer)」で、母親は卵巣がんと乳がんを併発して56歳で他界、叔母も卵巣がんで亡くなっています。

またジョリーさん自身も、がん抑制遺伝子BRCA1に変異があることがわかり、医師から乳がんに罹患するリスクが87%、卵巣がんのリスクは50%と診断されたといいます。

がん抑制遺伝子のBRCA1とBRCA2は誰もが持っている遺伝子で、本来は遺伝子が傷ついたときに修復する働きを持っているのですが、変異がある場合、生涯の乳がんと卵巣がんの発症率が高くなります。
予防的乳房切除術は、どのような手術?
「乳腺」という組織をあらかじめ切除することで、将来、乳がんが発症するリスクを抑えようというのが、「予防的乳房切除術」です。手術方法には、胸筋ごと切除する「定型的乳房切除術(ハルステッド)」と、胸筋を残す「胸筋温存乳房切除術」の2つがあります。どちらが適しているかは、あなたが抱えているリスクや、バストの状態によって異なります。
対象となるのは?
予防的乳房切除術の対象となるのは、下記に該当する方です。

遺伝子検査で、がん抑制遺伝子のBRCA1とBRCA2のどちらか、
もしくは両方に変異が見つかった方

血縁者に乳がんや婦人科がんになった方がいる

乳がん検診で、いつも再検査を勧められる

すでに一方のバストが乳がんになった

予防的乳房切除術にはメリットが多くありますが、憂慮すべき課題もあります。あなたの価値観に照らし合わせ、将来にわたって後悔のない選択をすることが必要になります。
メリット
デメリット

遺伝性乳がんの発症リスクが、
約90 %低下するとされる

「いつか乳がんになるのでは」という
不安から解放される

将来、必ず乳がんになるとは限らない


乳がんを発症していない健康な体に、
メスを入れることになる

予防的乳房切除術後の「乳房再建」
予防的乳房切除術の後、ご希望の方には、「人工乳腺バッグ(インプラント)入れる」「ヒアルロン酸や培養脂肪を注入する」などの方法で、バストのふくらみや形状を取り戻す「乳房再建」を行います。

ナグモクリニックなら、「同時再建」といって、予防的乳房切除術と同時に乳房再建を行うことが可能。「バストを失う」という経験を一度もせずにすみます。
まずは、私たちにご相談ください
予防的乳房切除術を受けるか否かは、あなたのこれから先の人生のあり方を左右する大きな問題です。

ナグモクリニックでは、あなたの判断材料にしていただくため、最新のエビデンスにもとづいた情報を提供。その上で、あなたの心に寄り添い、あなたとともに最善の方法を導き出すお手伝いをします。

*予防的乳房切除術は、自費診療(保険適用外)です。
関連リンク