乳腺外科・美容外科・形成外科 [ 東京・名古屋・大阪・福岡 ]
豊胸手術・ヒアルロン酸注入豊胸法・陥没乳頭の治療・乳がん検診/バスト専門のナグモクリニック

文字サイズ 
HOME  >  ハッピーリフト

ハッピーリフト

ハッピーリフトは特殊な糸を挿入してたるみを引き上げる施術
ハッピーリフトは、スレッドリフト(糸によるリフティング)の一種で、皮下に特殊な溶ける糸を挿入して、内側からたるみを引き上げる施術です。大掛かりなフェイスリフト手術と違い、メスを使わないので手軽。糸の挿入部位や本数を変えることで、額のシワや目尻のシワ、ほうれい線やマリオネットライン、口角のたるみ、フェイスラインのもたつき、二重あご、首のシワなどを解消します。さらに、眉毛の下垂の解消や、大きめの鼻翼の縮小も可能です。
東京院で「国際ワークショップ」を開催!

2006年の7月と11月、そして2007年の6月と11月に、イタリアはナポリのPromoitalia社から、ハッピーリフトの開発者Dr.Accardoを招き、学術的知識と実際の技術習得のためのワークショップを開催しました。約25名の医師が参加。ナグモクリニック名古屋院長の山口悟医師が技術的なデモンストレーターとして施術を行い、盛況を極めました。

ハッピーリフトで使用する糸には、羽毛のように細かな突起があります。この突起に皮下組織を引っかけるように糸を挿入することで、たるみを引き上げます。たった一度の施術で、的確なリフトアップ効果が得られるのが特徴です。

この糸は、約1年で溶けてなくなりますが、それまでの間、糸の周りでは大量のコラーゲンが発生。このコラーゲンの増殖により、糸が吸収された後も長期的にリフトアップ効果が持続します。
施術時間は、わずか20分程度です。入院の必要はなく、すぐにご帰宅いただけます。
これまでにも「フェザーリフト」というたるみ改善のスレッドリフト(糸によるリフティング)がありましたが、糸が溶けずに残るため、抵抗を感じる方が多かったのも事実です。ハッピーリフトの糸は、徐々に溶けていき、約1年後にはなくなります。つまり、体に残らないので安心です。
糸の材質は、手術用吸収糸にも使われている生分解性ポリマー主体なので、安全性は立証済みです。
施術の流れ
問診・医師による診察

患者様ご自身で問診票に記入していただき、看護師が詳細をうかがいます。その後、医師が診察を行います。

施術方法の選択

患者様のたるみの具合やご希望にもとづき、医師が糸を挿入する部位や、糸の本数をご提案します。*さらに詳しくは、お問い合わせください。

局所麻酔

局所麻酔を行います。

施術方法の選択

診察時に決めた方法で、糸を挿入します。施術時間は約20分です。

帰宅

基本的に入院することなくそのままお帰りいただけます。

経過観察
経過観察回数

施術後は数回、経過観察を行います。

ダウンライム
施術時間 約20分
麻 酔 局所麻酔
入院の有無 なし
通 院 施術前/カウンセリング
施術後 2〜3回
施術後の
腫れ・内出血・痛み
軽度の腫れや内出血が出現することがある
痛みはほとんどなし
(痛み止めを処方するので、ご安心ください)
傷 跡 残らない
施術後の生活 洗顔は翌日から可能
シャワーは翌日から可能
入浴は1週間後から可能
スポーツは1週間後から可能

目尻のシワが気になる

額や目尻のシワがピンッと伸び、違和感なくナチュラルに若返ります。

ほうれい線マリオネットラインが悩み

頬の位置が上がって、ほうれい線やマリオネットラインが消滅します。

あごのたるみ首のシワが気になる

フェイスラインがシャープになって小顔に。年齢のあらわれやすい首もしっかりケア。

メスを使うのには抵抗がある

メスを使わないプチ整形なので、とても手軽です。施術時間はわずか20分!

*上記料金には、麻酔代と定量の薬代(痛み止めなど)が含まれます。