乳腺外科・乳房外科・美容外科・形成外科
バストの美容・健康・機能の総合医療/バスト専門のナグモクリニック

ご予約・ご相談・お問合せ/フリーダイヤル 0120-50-6553

トップ | 総合トップ東京院名古屋院大阪院福岡院

トップGID治療 (担当ドクター・診療内容)

GID治療/担当ドクター




丹羽 幸司
(にわ こうじ)
ドクター紹介

ナグモクリニック大阪院長。医学博士。
平成13年3月、近畿大学大学院医学研究科卒業。 近畿大学医学部附属病院形成外科講師、病棟医長を経て、 平成14年10月、ナグモクリニック大阪院長。
平成21年 ナグモクリニック大阪 院長(継承開設)
平成23年 医療法人ガクト会 ナグモクリニック大阪理事長・院長
近畿大学医学部形成外科非常勤講師、日本形成外科学会専門医 日本形成外科学会、日本乳癌学会認定医、GID(性同一性障害)学会認定医 、マンモグラフィ読影認定医、日本美容外科学会、 日本シミュレーション外科学会、日本外科系連合学会、 日本先天異常学会、日本顔学会、GID(性同一性障害)学会理事、
日本精神神経学会 性同一性障害委員会 委員、
等所属

GID学会 第13回研究大会

NPO法人 関西GIDネットワーク

GID治療料金表

担当ドクター

精神科担当 堀 貴晴   精神科担当  木下 真也

診療内容


大阪院では、精神科診療、ホルモン治療、乳房形成術(豊胸、乳房切除)までを行っておりましたが、このたび産婦人科専門医のご協力を得て、大阪院でも平成22年12月より、FtMの方への子宮卵巣摘出を開始することになりました。MtFの方への性別適合手術についても、名古屋院長・山口先生にご出張いただき、漸次行っていく予定です。最終的に、性別変更に際し家庭裁判所に提出する申請書(最終診断書)も、大阪院において責任を持って作成します。詳細については、下記GIDセンターのホームページをご参照ください。

 ■性同一性障害の診療を総合的に行っています。

性同一性障害の患者さんの多くは、性別適合手術(Sex Reasignment Surgery;SRS)を考えています。しかし日本では、まだ環境が十分に整っているとは言えません。2004年から性別変更などが可能になったとはいえ、法律にはさまざまな不備が指摘されています。また性別適合手術に関しては、きちんと手術が再開されてから10年にも満たず、技術的に成熟していません。そのため、海外での手術を選択せざるを得ないと考える患者さんも多いようです。こうした状況を鑑み、ナグモクリニックでは精神科外来、性別変更判定会議の開催、ホルモン療法、顔の美容手術、乳房形成術、性別適合手術など総合的な性同一性障害の診療を行っております。   

「性同一性障害の診療」を、よりわかりやすく解説しています。