乳腺外科・乳房外科・美容外科・形成外科
バストの美容・健康・機能の総合医療/バスト専門のナグモクリニック

ご予約・ご相談・お問合せ/フリーダイヤル 0120-50-6553

トップ | 総合トップ東京院名古屋院大阪院福岡院札幌院

トップ乳癌検診・精密検査 (担当ドクター・診療内容)

乳癌検診・精密検査/担当ドクター


南雲 吉則(なぐも よしのり)

南雲 吉則
(なぐも よしのり)
ドクター紹介

ナグモクリニック総院長
医学博士。日本乳癌学会/乳腺専門医。
昭和56年3月、東京慈恵会医科大学卒業。 東京女子医科大学形成外科研修、癌研究会附属病院外科勤務、東京慈恵会医科大学第一外科乳腺外来医長を歴任
平成2年、医療法人の認可を受け、「医療法人社団ナグモ会ナグモクリニック」を開設。
現在、医療法人社団ナグモ会理事長、ナグモクリニック総院長。平成7年、福岡院開設。平成28年4月、ナグモクリニック福岡院長。 
東京慈恵会医科大学外科学講座非常勤講師、近畿大学医学部形成外科非常勤講師、韓国東亜医科大学客員教授、中国大連医科大学客員教授
           
 

丹羽 幸司
(にわ こうじ)
  ドクター紹介

ナグモクリニック大阪院長。医学博士。
平成13年3月、近畿大学大学院医学研究科卒業。 近畿大学医学部附属病院形成外科講師、病棟医長を経て、 平成14年10月、ナグモクリニック大阪院長。
平成21年 ナグモクリニック大阪院長(継承開設)、
平成23年 医療法人ガクト会 ナグモクリニック大阪 理事長・院長
平成24年 ナグモクリニック徳島院長
平成27年 ナグモクリニック大阪院長(管理医師)
近畿大学医学部形成外科非常勤講師、日本形成外科学会専門医 日本形成外科学会、日本乳癌学会認定医、GID認定医、日本美容外科学会、 日本シミュレーション外科学会、日本外科系連合学会、 日本先天異常学会、日本顔学会等所属
   

検診内容


◆乳がん検診・精密検査では、以下のようなことを行います。 ◇ 自己検診の指導 バストの専門教育を受けた女性の看護師が、乳がんモデルを使って自己検診の方法を指導します。
乳がんは、触って見つけることのできるがんです。毎月一回、きちんと自己検診をしている女性は、乳がんを早期のうちに発見できることが報告されています。
◇ 「バスト専門医」による視診・触診 「バスト専門医」が、両方のバストと乳首にくぼみがないか観察します。
また、バストとワキの下、首のリンパ節にしこりがないか、触診します。 ◇ 超音波検査 バストに超音波をあて、乳房内をモニター画面に映し出す検査法です。
放射線を使わないので、妊娠中でも安心して受けられます。 ◇ マンモグラフィ検査(東京院/名古屋院/大阪院/福岡院/札幌院) バストを板で挟んで行うレントゲン検査です。
触診や超音波検査でも見つけることのできない、
早期の乳がんを発見することができます。 ◇ マンモトームによる組織生検 (非浸潤がんを診断)(東京院) 近年、若い女性に、非浸潤がんが増えています。通常、がんは周囲の組織に 浸潤しながら、しこりを形成していくのですが、非浸潤がんは、周囲の組織に浸潤せず、乳管の中を広く這うように広がっていきます。そのため、触診でも 超音波検査でも、がんがどこにあるのかわかりません。唯一、マンモグラフィ で検査したときだけ、砂粒のような影が映ります。これまでは、しこりが触れないので、細胞針や針生検では診断の仕様がなく、手術を行う外科生検でしか診断できませんでした。
「マンモトーム」は、マンモグラフィで石灰化を観察しながら、コンピューター監視下で組織を採取する最新機器です。非浸潤がんを診断できます。マンモグラフィでがんを疑われながら、なかなか診断がつかずにいる人には、保険が適用されることもあります。保険適用の場合、自己負担金は18,000円です。
 ■乳癌の診断

「乳がんです」と言われても、「本当かな?」と思え!
医師から「乳がんです」と言われたら、「もうだめだ」と観念してしまう人が多いようです。そのため「あとはすべてお任せします」の“お任せ医療”になってしまうのです。手で触っただけで「乳がんです」と言われても、「本当かな?」と思う気持ちが大切です。その気持ちがより正確な診断を生み、「がんならばどれだけの広がりをもっているの?」という新たな疑問を生み、「それならばこういう治療が可能なのでは?」という要望も生まれるのです。

「乳癌の診断」を、よりわかりやすく解説しています。

 ■乳癌の病期

病期判定はあくまで目安!
乳がんと確定診断されたら、主治医はまず乳がんの大きさ、脇の下のリンパ節への転移の有無、遠隔転移の有無を調べます。この3つの要素によって分類されるのが「病期」です。病期はあなたの乳がんの進行度を示し、最適な治療法を提示してくれます。しかし、この章で知ってほしいのは、病期はあくまで術前診断で、目安にすぎないということです。手術によって取られたしこりやリンパ節を病理医が顕微鏡で見て調べる「術後の病理診断」が乳がんの進行度の確定診断なのです。

「乳癌の病期」を、よりわかりやすく解説しています。

 ■再発の発見

遠隔転移を発見するための検診は意味がない!
がんには「浸潤」「転移」「再発」という性質があります。「浸潤」とは、周囲の組織に染み出すように広がることです。「転移」とは、がん細胞が血管やリンパ管を通って離れた臓器にがんをつくることです。「再発」とは、術後しばらくしてから、手術した場所や離れた臓器に再び現れることを言います。近くのリンパ節に転移する「リンパ節転移」に対して、離れた臓器への転移は「遠隔転移」と呼ばれます。手術した場所に再発する「局所再発」に対して、離れた臓器での再発は「遠隔再発」または「転移性再発」と呼ばれます。

「乳癌の発見」を、よりわかりやすく解説しています。