乳腺外科・美容外科・形成外科 [ 東京・名古屋・大阪・福岡 ]
豊胸手術・注入豊胸法・陥没乳頭の治療・乳がん検診/バストの総合医療ナグモクリニック

文字サイズ 
HOME  >  豊胸術のモニター募集

豊胸術のモニター募集

ナグモクリニック総院長の南雲吉則です。私は2018年4月14日に東京で開催されたWorld Summit on Minimally Invasive Breast Augmentation(微小侵襲豊胸術国際会議)の会長をつとめました。

motiva

この会議の目的は、シリコンインプラントを用いた豊胸術の体への負担を減らし、安心して受けられる術式を検討することです。

その際に私はナグモクリニック東京の手術室でシリコンインプラントを用いた4種類の豊胸術のLive Surgery(手術の実況中継)をおこないました。

4種類の豊胸術とは以下の方法です。

  • 脇の下から胸筋の下に入れる方法
  • 脇の下から乳腺の下に入れる方法
  • アンダーバストから胸筋の下に入れる方法
  • アンダーバストから乳腺の下に入れる方法

日本人は手術の傷が残りやすく、乳房が小さく痩せている人が多かったので、私も30年前から①の方法をおこなってきました。

しかし脇の下の小さな傷から中を覗くことが難しいので、胸筋の剥離や止血が不十分でした。
親友のチャールズ・ランドキストやコンスタンチン・スタンが③の方法をおこなっているのを見て、私も8年前から再手術例や下垂した乳房に対して③の方法を始めました。

その頃から韓国では内視鏡を用いた①の方法がおこなわれていました。私も弟子で親友のオム・ナグモクリニックのオム・スンチャンから習って、4年前から内視鏡を用いた①の方法を始めました。

しかし胸筋を剥がす①や③の方法は術後の痛みが強く、ダウンタイムが長いことが問題でした。

今回のLive Surgery で明らかになったことは、脇の下から乳腺の下に入れる②の方法が、
最も痛みが少なく短時間に終わることです。

そこで私は新たな豊胸術を提案しようと思います

  • 超音波検査装置を用いて乳腺と胸筋の間に局所麻酔薬と止血剤の入った生理食塩水を注射することによって、乳腺下を安全に剥がす。
  • 脇の下の小さな傷から特殊な医療器具を用いてインプラントを傷付けずに乳腺下に挿入する。
  • 精神安定剤を点滴して眠っているうちに手術する。

この方法をMINT法(Minimally Invasive New Technique)と名付け、多くの人に体験してもらうためにモニターを募集することにしました。

豊胸術モニターの条件

  • 日本在住の成人女性
  • 腋窩切開乳腺下法(脇の下から乳腺の下にインプラントを挿入)
  • 手術は南雲吉則がおこないます
  • インプラントはテクスチャード(表面のざらざらした)、ラウンドタイプ(お椀型)、
    サイズは200ccまで
  • これまでに豊胸術(インプラント挿入、ヒアルロン酸や脂肪注入)や乳腺の病気(乳がん、良性腫瘍)の経験がない方
  • 手術費用は総額で50万円に消費税と預かり金10万円
    参考:豊胸術 人工乳腺法 通常価格一覧⇒)
  • 預かり金は術後1年間の通院(通常、術後1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年目)終了後全額返金します
  • 術前術後の乳房の写真は個人情報保護に配慮したうえでHPや学会報告に使用します
  • 募集期間は平成31年2月1日から4月末までとします

以上の条件に合致する方で豊胸術を希望されるときは、以下のメール来院予約フォームより
お申し込み下さい。

WEB来院予約 >>

WEB来院予約 >>