乳腺外科・美容外科・形成外科 [ 東京・名古屋・大阪・福岡 ]
豊胸手術・注入豊胸法・陥没乳頭の治療・乳がん検診/バストの総合医療ナグモクリニック

ご予約・ご相談・お問合せ/フリーダイヤル 0120-50-6553

総合トップ | サイトマップ |

「バスト専門医」にゆだねるのが賢明な選択です

大きな乳首をご希望のサイズに縮小

ナグモクリニックの乳頭縮小術には、2つの方法があります。どちらが適しているかは、患者さんの乳首の状態や希望を考慮した上で、「バスト専門医」が見極めます。いずれの方法でも傷は残らず、乳首をご希望のサイズに縮小。また形がくずれている場合も、きれいに整えることができます。

通常法


図の1のように、乳首の根元を切開します。そうすると、図の2のように乳首がキノコのような形になります。これを縫合することで乳首を小さくするのが、通常法です。

特別法


前から見たときの乳首の大きさを気にしていらっしゃる場合は、図のように、ケーキカットの要領で乳首を三角形に切開します。あとは縫合するだけです。前から見たときはもちろん、横から見たときも乳首が小さくなります。

「バスト専門医」による手術を

乳頭縮小術において大切なのは、乳首に傷を残さない、乳管を切断しないということです。当然だと思われるかもしれませんが、一般の美容外科医では傷跡が目立ったり、乳管を切断してしまうこともあります。
それだけ、乳頭縮小術は高度な技術と専門知識が要求される分野なのです。「バスト専門医」にゆだねるのが、賢明な選択と言えるでしょう。

術後の健康管理

美容はもちろん、健康や機能までサポート

手術後の健康管理が大切です

乳頭縮小術においても、手術後の健康管理は大切です。優れた手術を行っても健康管理をしないのでは、医師としての義務を放棄していると言えます。しかし残念ながら、一般の美容外科では、万が一手術後にしこりを見つけたり、授乳ができないときも、相談には応じてくれません。外科でも同じです。何らかの異常を感じていても、手術のせいにされてしまうでしょう。そこでナグモクリニックでは、一年に一回、生涯にわたる「定期検診」を行っています。

生涯にわたる「定期検診」で手術後の健康・機能も安心!

乳頭縮小術後の「定期検診」では、1.傷跡が目立ってはいないか、2.乳がんのようなしこりはないか、3.授乳を希望なさっている場合はきちんと授乳ができるか、といったことを中心に検診していきます。ナグモクリニックの医師たちは、バストの美容はもちろん、健康や機能、乳がんにまで精通した「バスト専門医」。定期検診は、バスト専門クリニックだからこそできるケアシステムです。

⇒乳頭縮小術に戻る