乳腺外科・美容外科・形成外科
バストの美容・健康・機能の総合医療/ナグモクリニック東京院

ご予約・ご相談・お問合せ/フリーダイヤル 0120-50-6553

トップ | 総合トップ東京院名古屋院大阪院福岡院

トップ東京院

東京院 ドクター紹介

  • ナグモクリニック東京 副理事長
    再生医療部 部長
    南雲 吉祥なぐも よしあき
    南雲 吉祥
    私のモットーは、常に患者様の立場に立って、考え得る最善の選択をご提供することです。それは、私自身および家族がアメリカで大病を患った経験に基づいています。一対一対応の形式的な医療ではなく、皆様が本当に必要とする治療は何か、一緒に考えていきます。
  • 南雲 吉則なぐも よしのり
    南雲 吉則
    バストは女性のシンボルですが、私が医師になった頃はバスト専門の診療科はありませんでした。乳がんは消化器外科医が手術していましたし、乳房再建は外傷や子どもの先天奇形が専門の形成外科医が、豊胸は目や鼻の整形が専門の美容外科医が、授乳は産婦人科医がというように各科が片手間に行っていたのです。
  • ナグモクリニック東京 乳腺外科佐野 文俊さの ふみとし
    佐野 文俊
    小さい頃に医師である父の姿を見て医師を志しました。漫画のブラックジャックを見て将来は外科医になりたいと漠然と考え、そのまま大人になってしまい外科を専攻しています。私はもともと昭和大学の呼吸器外科で癌治療を行っていました。研修のため静岡赤十字病院の一般外科で乳癌や大腸癌などの治療を行っていたこともあり、外科手技は全般的に得意としています。
  • ナグモクリニック東京 院長松永 忠東まつなが ただはる
    松永 忠東
    私の医師としての旅立ちは、一般外科医、専ら消化器外科、とりわけ、肝、胆、膵の領域から始まりました。外科の研修から、画像診断の分野を習得すべく名古屋に出張し、そして甲府へと診断と手術の診療経験を積みました。その後、乳がんの分野に転科して、外科から一転、まずは検診と診断の分野を専らとして始めたのでした。
  • ナグモクリニック東京 腫瘍内科外来浜口 玲央はまぐち れお
    浜口 玲央
    はじめまして。浜口玲央と申します。呼吸器内科医として、肺がんを中心としたがん診療の他、気管支喘息や肺炎・気管支炎、アレルギー疾患などの呼吸器疾患の診療に従事していました。同時に、がん診療の領域を広げ、当院では乳がん治療のための薬物療法外来も担当しております。抗がん剤の副作用緩和などについての臨床研究も行なっています。どうぞよろしくお願いいたします。
  • ナグモクリニック東京 外部勤務医療機関斎藤 糧三さいとう りょうぞう
    斎藤 糧三
    医師/日本機能性医学研究所所長。1973年生まれ。更年期障害の女性に対してテストステロンを使用、自律神経調整療法のパイオニアであった斎藤信彦(医学博士)の三男。1998年、日本医科大学卒業後、産婦人科医に。その後、美容皮膚科治療、栄養療法、点滴療法、ホルモン療法を統合したトータルアンチエイジング理論を確立。