乳腺外科・美容外科・形成外科
バストの美容・健康・機能の総合医療/ナグモクリニック

ご予約・ご相談・お問合せ/フリーダイヤル 0120-50-6553

トップ | 総合トップ東京院名古屋院大阪院福岡院

トップ東京院ドクター紹介

ドクター紹介 - 南雲 吉則

南雲 吉則

 
南雲 吉則なぐも よしのり
  • Instagram
  • Youtube
  • Facebook
資格
昭和62年11月 日本外科学会認定医取得(第2492号)
平成 6年7月 日本乳癌学会評議員
平成 7年 3月  大韓民国東亜大学医学部客員教授
平成 9年 6月 東京慈恵会医科大学外科学第一講座非常勤講師
平成 9年 12月 東京女子医科大学第二病院形成外科非常勤講師(平成15年まで)
平成10年10月 中華人民共和国大連医科大学客員教授
平成7年1月 乳腺専門医取得
平成19年4月 近畿大学医学部附属病院非常勤講師

自己紹介

バストは女性のシンボルですが、私が医師になった頃はバスト専門の診療科はありませんでした。乳がんは消化器外科医が手術していましたし、乳房再建は外傷や子どもの先天奇形が専門の形成外科医が、豊胸は目や鼻の整形が専門の美容外科医が、授乳は産婦人科医がというように各科が片手間に行っていたのです。
私は慈恵医大学を卒業後、東京女子医大で形成外科を研修し、その後慈恵医大では一般外科や麻酔科を、癌研究会付属病院では乳癌手術を、父のクリニックでは美容外科を学びました。

33歳のとき、将来何を専門にしようかとぼんやり考えてたときに、「女性の大切なバストの美容と健康と機能を生涯にわたって守れ」という声が聞こえたのです。そこで豊胸術から乳がん治療、乳房再建、ときには性同一性障害のバストを治療するナグモクリニックを設立しました。
患者さんは日本中から訪れるので、クリニックを東京・名古屋・大阪・福岡に広げ、札幌・岡山・沖縄でも定期的に診療をしています。また50編を超える論文を執筆し、慈恵医大、近畿大学の非常勤講師、韓国東亜医科大学、中国大連医科大学の客員教授を歴任し、後進の育成にも力を入れています。
若返りやダイエット、そしてがん予防の書籍が何冊もベストセラーとなり、世界11カ国で翻訳されています。また東京12チャンネル系の「主治医の見つかる診療所」ではレギュラーを務め、ニュース番組や「クローズアップ現代」では乳癌についてのコメンテーターとして、人気番組に数多く出演しています。
近年は「命の食事」を提唱し、30年間でがん死亡率を半減させることを目標に、予防医学の普及に務めています。

その他の概要・経歴に関しては南雲吉則Wikipediaをご参照ください。

経歴

昭和56年3月
東京慈恵会医科大学卒業
昭和56年4月
東京女子医科大学形成外科で研修
昭和58年5月
東京慈恵会医科大学第一外科学教室医員
昭和62年1月
癌研究会附属病院外科勤務(昭和62年12月まで)
昭和63年1月
東京慈恵会医科大学第一外科乳腺外来医長
平成 6年 9月
博士(医学)の学位受領
現在
医療法人社団ナグモ会理事長ナグモクリニック東京・大阪・福岡総院長

出版書籍

  • 「たいせつなちきゅうのたいせつなともだち」
  • 「紫外線のすごい力」主婦の友社刊
  • 「命の食事」主婦の友社刊
  • 「乳がんのお話し100」主婦の友社刊
  • 「空腹は人を健康にする」サンマーク出版刊
  • 「50歳を過ぎても30代に見える生き方」講談社α出版刊

その他の書籍については南雲吉則Wikipediaをご参照ください。

メディア出演

  • テレビ東京系「主治医が見つかる診療所」レギュラー出演
  • RKBラジオ「ドクター南雲のびっくり健康ラボ」レギュラー出演
  • FM川崎「Dr.ナグモのゴボウ茶談義」レギュラー出演

論文集

I. 原著・総説
  • 南雲吉則:乳房一次再建-皮下乳腺全摘と乳房インプラントを用いた再建術. 形成外科52:667-676,2009.
  • 南雲吉則:乳房インプラントによる豊胸術の標準的方法. 形成外科増刊号50:S269-279,2007.
  • 南雲吉則:下垂乳房に対するインプラントを用いた豊胸術. 形成外科49:1325-1333,2006.
  • 南雲吉則:乳癌の最新外科治療-皮下乳腺全摘と同時再建. JCRニュース日本放射線科専門医会・医会誌155:3-4,2006.
  • 南雲吉則、有木かおり、丹羽幸司、岡田浩幸、吉武 哲、山口 悟:乳房再建を前提とした経乳輪皮下乳腺全摘術. 臨床外科増刊号61:467-473,2006.
  • 南雲吉則:表情筋体操で表情豊かな人生を. 国際歯科学士会日本部会雑誌37:12-5,2006.
  • 南雲吉則、程 野、高 景恒:填充法乳房再造術必須的臨床解剖知識1). 実用美容整形外科雑誌(中華人民共和国)16:304-6, 2005.
  • 南雲吉則、程 野、高 景恒:填充法乳房再造術必須的臨床解剖知識2). 実用美容整形外科雑誌(中華人民共和国)16:375-6, 2005.
  • 南雲吉則:豊胸術:術式とインプラントの選択. 形成外科増刊号48:S235-242,2005.
  • 南雲吉則:乳房の美容外科とアート 狂気!驚喜!狂気?アートとしての豊胸術. 日美外報27(4):249-250,2005.
  • 南雲吉則:乳房温存術の適応と術式の工夫. 臨床と研究82(10):62-66,2005.
  • 南雲吉則:特別企画3 インプラントを用いた乳房形成術のための臨床解剖学. 日美外報27(1):29,2005.
  • 南雲吉則:インプラントを用いた乳房形成術に必要な臨床解剖学的知識. 日美外報26(2):1-11,2004.
  • 南雲吉則、丹羽幸司、有木かおり、岡田浩幸、山口 悟、川本 潔:乳房形成術の基礎と解剖. 日美外報25(4):166,2003.
  • 南雲吉則、有木かおり、丹羽幸司、岡田浩幸、吉武 哲、山口 悟:乳房再建を前提とした経乳輪皮下乳腺全摘術. 臨床外科58:1089-1095,2003.
  • 南雲吉則、丹羽幸司、有木かおり:美容外科・形成外科の日帰り手術. からだの科学229:45-48,2003,3月.
  • 南雲吉則、岡田浩幸、山口 悟、丹羽幸司、有木かおり:経乳輪的皮下乳腺全摘術とインプラントを用いた同時再建. 手術57(1):41-45,2003,1月.
  • 南雲吉則:セカンドオピニオンの課題. 月刊junior NO.411:11-15,2002,4月.
  • 南雲吉則、丹羽幸司、有木かおり、岡田浩幸、山口 悟:乳癌の日帰り・1泊手術. 乳癌の臨床17(5):494-495,2002.
  • 南雲吉則:鏡視下豊胸術の実際. 外科治療83(6):684-689,2000,12月.
  • 南雲吉則、川本 潔、高田章好:豊胸術における被膜拘縮-その原因の多変量解析. 日本美容外科学会会報21(1):9-15,2000,3月.
  • 南雲吉則:症例検討:乳癌と麻酔 開業医における乳腺外科麻酔:持続胸部硬膜麻酔が有効. LISA 7(12):1222-1226,2000,1月.
  • 南雲吉則:症例検討:乳癌と麻酔 乳癌治療の最後ゴールは美容にある. LISA 7(12):1218-1221,2000,1月.
  • Nagumo Y:Endoscopic Rhytidectomy for Orientals. Journal of the Japan Society of Aesthetics Surgery 37(1):21-27, 2000.
  • 南雲吉則、堀口千代春、天野哲夫、他:三次元計測装置を用いた乳房エピテーゼの作製. 日本コンピュータ支援外科学会会誌 8: 16, 2000.
  • 南雲吉則:10.除皺術1)前頭部(内視鏡下前額除皺術). 形成外科増刊号43. S85-S92,2000.
  • 南雲吉則:医学における顔研究. ヒューマンコミュニケーション(HC)のための「顔」大研究―HCビジネスの新発見・HC技術の展望―:電気情報通信学会29-34, 1999, 3月, 東京.
  • 南雲吉則:術中自主法隆乳術3747例. 実用美容整形外科雑誌(中華人民共和国)10:45-47, 1999.
  • 南雲吉則:東方人的内視鏡除皺術. 実用美容整形外科雑誌(中華人民共和国)10:48-50, 1999.
  • Nagumo Y, Takada A:Lipo-injection Induced Tumor of the Breast. Journal of the Japan Society of Aesthetics Surgery 35(4):94-98, 1998.
  • 南雲吉則、岡田浩幸、高田章好、馬場紀行:Lipo-injection Induced Tumor. 脂肪注入後腫瘤の診断と治療. 乳癌の臨床13(4)756-757,1998.
  • 南雲吉則、高田章好、堀口千代春、天野哲夫、永島秀彦:乳房の三次元計測システム―人体の美の理解と演出のための生体計測. 第3回パターン計測シンポジウム: 25-29, 1998, 10月, 滋賀.
  • 南雲吉則、高田章好、堀口千代春、天野哲夫、永島秀彦:豊胸術シミュレーションのための三次元バスト計測装置の開発. 日本コンピュータ支援外科学会会誌 6: 13, 1998.
  • 南雲吉則:人体計測情報共有化のための医学的提言. 第2回パターン計測シンポジウム:25-30, 1997,10月, 伊豆.
  • 南雲吉則:美容・形成外科の人体計測への期待. 第1回パターン計測シンポジウム:21-26, 1996, 10月, 滋賀.
  • Nagumo Y: Current topic of plastic reconstructive surgery: ultrasonic lipolysis, 3-D measurement and modeling and endoscopic face-lift. Korean J Plast Reconstr Surg 1: 117-130, 1996.
  • 南雲吉則:顔を視る -美容・形成外科のマシンビジョン-. 画像の認識・理解シンポジウム (MIRU’96) 講演論文集 I:259-264, 1996.
  • 南雲吉則:今日の乳房形成術の話題. 山口医学 45 (2): 159-168, 1996.
  • 南雲吉則、川本 潔、南雲吉和:開業医が顔面輪郭形成術に応用できる最新の画像診断法. 日本美容外科学会報18 (1) : 46, 1996.
  • 南雲吉則:日常診療における文献デ-タベ-ス. 臨床と薬物治療 14 (7): 625-628, 1995.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Sato T, et al.: Facial contouring for a new age: An Overview. Jpn J Esthet Dent 7: 224-230, 1995.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Sato T, et al.: New esthetic concepts in oriental facial contouring. Am J Esthet Dent 6: 169-176, 1994.
  • 南雲吉則、川本 潔、佐藤 孝、佐藤由紀子、桑原 栄:“顔やせ術”:日本の文化と技術から生まれた究極の輪郭形成術. 歯科審美 7 (1) : 54-62, 1994.
  • 南雲吉則:創傷治癒過程における皮膚微小血管の形態 -高圧注入法の導入とそれを用いた鋳型走査電顕的観察-. 日本外科学会雑誌 95 (5): 306-316, 1994.
  • 南雲吉則、川本 潔、佐藤 孝、佐藤由紀子、桑原 栄:顔やせを目的とした顎軟部組織の超音波診断とその治療. 歯科審美 6 (1) : 40-47, 1993.
  • 南雲吉則、川本 潔、佐藤 孝、佐藤由紀子、桑原 栄:顔やせ術 Facial Slimming の概念とその治療法の選択. 歯科審美 5 (1) : 152-154, 1993.
  • 南雲吉則、川本 潔、南雲吉和:シリコンゲル破損の超音波診断. 日本美容外科学会報 15 (1) : 42, 1993.
  • 南雲吉則、川本 潔、南雲吉和:豊胸術後の画像診断. 日本美容外科学会報 14 (1):56, 1992.
  • 南雲吉則、塩谷尚志、福島常吉、長原修司、山下晃徳、武山 浩、篠崎 登、内田 賢、桜井健司:プロステーシスを用いた二期的乳房再建. 日本外科系連合会誌 (24) : 152-154, 1991.
  • 南雲吉則、塩谷尚志、福島常吉、長原修司、山下晃徳、武山 浩、篠崎 登、内田 賢、桜井健司:局所皮弁とtattooingによる乳頭乳輪再建. 日本臨床外科医学会雑誌 52:412, 1991.
  • 南雲吉則:バッグプロステーシスを用いた豊胸術後 TINU 症候群を発症した1例. 日本美容外科学会報 13 (1): 34, 1991.
  • 南雲吉則:Breast Implant の物性検査. 日本美容外科学会報 13 (1): 50, 1991.
  • 南雲吉則:豊胸術における closed suction drainage の有用性の検討. 日本美容外科学会報 13 (1): 53-54, 1991.
  • 南雲吉則、長原修司、篠崎 登、内田 賢、桜井健司:臍窩外翻腹直筋皮弁法による乳房乳頭同時再建. 日本臨床外科医学会雑誌 51:329,1990.
  • 南雲吉則、川本 潔、南雲吉和:バストサイズ術中自己決定法による豊胸術. 日本美容外科学会報 12 (1): 37-38, 1990.
  • 南雲吉則、桜井健司、鈴木昭男:糖尿病性壊疸における皮膚および皮下の動静脈吻合の形態とその意義. 最新医学 43 (8) : 1834-1835, 1988.
  • 南雲吉則、桜井健司、内田 賢:最近のプロテーシス乳房形成. 外科 50 (12) : 1325-1332, 1988.
  • 南雲吉則、吉本賢隆、渡辺 進、霞富士雄、西 満正:予後からみたホルモンリセプターカットオフ値の検討. 乳癌の臨床 3 (2) : 289-291, 1988.
  • 南雲吉則、内田 賢、篠崎 登、桜井健司:形状記憶合金ワイヤーを用いた乳腺石灰化病変の診断. 日本臨床外科医学会雑誌 49(9):1619, 1988.
  • 南雲吉則、安田雄一郎、三浦金次、篠崎 登、石原歳久、内田 賢、桜井健司:形状記憶合金ワイヤーを用いた乳腺石灰化病変の診断. 日本社会保険医学会誌:116, 1988.
  • 南雲吉則、穴沢貞夫、桜井健司:目でみる小外科シリーズ:ガングリオンの治療. 日本医師会雑誌 99 (1), 1988.
  • 南雲吉則、山崎洋次、安川繁博、桜井健司:中腸捻転と思われたSplit Notochord Syndromeの一例. 日本新生児学会雑誌 23 (3) : 541-545, 1987.
  • 南雲吉則、桜井健司、鈴木昭男:表皮直下に存在する血管網の証明と、その創傷治癒にかかわる形態学的変化の観察. 最新医学 41 (9) : 2192-2194, 1986.
II. プロシーディングス
  • 南雲吉則、有木かおり、丹羽幸司、他:浅胸筋膜下法による同時再建. 第14回乳癌学会総会プロシーディングス:365、2006、金沢.
  • 南雲吉則、有木かおり、丹羽幸司、他:皮下乳腺全摘術の局所再発とその予後因子. 第13回乳癌学会総会プロシーディングス:249、2005、倉敷.
  • 南雲吉則:特別企画3 インプラントを用いた乳房形成術のための臨床解剖学. 第27回日本美容外科学会総会プロシーディングス:93、2004、軽井沢.
  • 南雲吉則:乳房縮小-vertical scarのない4つの方法. 第25回日本美容外科学会総会プロシーディングス:62、2002、京都.
  • 南雲吉則、高田章好、岡田浩幸、他:乳癌の日帰りおよび1泊手術のための工夫. 第10回乳癌学会総会プロシーディングス:130、2002、名古屋.
  • Nagumo Y: The research study’s lecture in Korean Society of plastic and reconstructive surgeons. 2002、 Seoul.
  • 南雲吉則:内視鏡下前額除皺術のコツとその留意点. 第24回日本美容外科学会総会プロシーディングス:90、2001、沖縄.
  • 南雲吉則:豊胸術における被膜拘縮. 第24回日本美容外科学会総会プロシーディングス:108、2001、沖縄.
  • 南雲吉則、馬場紀行、岩瀬 哲、他:経乳輪皮下乳腺全摘(TATG)胸筋下インプラント挿入法による美容的再建術. 第9回乳癌学会総会プロシーディングス:105、2001、前橋.
  • Nagumo Y: 5,600 cases of augmentation mammaplasty using intra-operative self-deciding method. Second World Congress on Cosmetic Surgery、 2001、 Australia.
  • 南雲吉則、馬場紀行、岩瀬 哲、他:最小限の皮膚切開で乳房形態を温存する新しい手術法. 第8回乳癌学会総会プロシーディングス:129、2000、横浜.
  • Nagumo Y, Takada A, Kawamoto K, et al.: 5,500 cases of augmentation mammaplasty using intra-operative self deciding method. 7th International Congress of Oriental Aesthetic Plastic Surgery: 78, 2000, Korea.
  • 南雲吉則、岡田浩幸、川本 潔、他:乳房インプラントを用いた一期再建の工夫とその長期成績. 第42回日本形成外科学会学術集会プロシーディングス,1999.
  • 南雲吉則、岡田浩幸、川本 潔、他:豊胸術シミュレーションのための乳房三次元計測システムの開発. 第42回日本形成外科学会学術集会プロシーディングス, 1999.
  • 南雲吉則、岡田浩幸、川本 潔、他:東洋人のための内視鏡的フェイスリフト361例の経験. 第42回日本形成外科学会学術集会プロシーディングス, 1999.
  • 南雲吉則、岡田浩幸、高田章好、他:経乳輪乳腺全摘-経腋窩再建術による美容的乳房切除術. 第7回乳癌学会総会プロシーディングス:104, 1999.
  • Nagumo Y: Use of endoscopy in plastic surgery. 46th Korean Congress of Plastic and Reconstructive Surgeons Transactions: 6, 1999.
  • 南雲吉則、高田章好:被膜拘縮ーその原因・予防そして治療. 第21回日本美容外科学会総会プロシーディングス:60, 1998, 10月, 岐阜.
  • 南雲吉則:内視鏡直視下的除皺術. 全国第2次美容外科学術交流会プロシーディングス:1, 1998, 7月, 貴陽.
  • 南雲吉則:術中自己決定法隆乳術3500例. 全国第2次美容外科学術交流会プロシーディングス:1, 1998, 7月, 貴陽.
  • 南雲吉則:人体非接触三次元計測法. 全国第2次美容外科学術交流会プロシーディングス:1, 1998, 7月, 貴陽.
  • 南雲吉則:我が国における内視鏡的美容手術. 第72回日本美容外科学会プロシーディングス:4, 1997,5月, 東京.
  • 南雲吉則、馬場紀行、岡田浩幸、他:Lipo-injection induced tumor脂肪注入後腫瘤の診断と治療. 第6回乳癌学会総会プロシーディングス:121, 1998.
  • 南雲吉則、馬場紀行、川端英孝、他:一期的乳房再建の工夫. 第5回乳癌学会総会プロシーディングス:23, 1997.
  • 南雲吉則:若く明るい表情をつくる内視鏡美容手術. 第2回日本顔学会大会プロシーディングス:39, 1997,8月、東京.
  • Nagumo Y, Baba N, Kawabata H, et al.: Central mound mastectomy. First Meeting of the Asian Breast Cancer Society. proceedings: 38, 1997
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Sato T et al: Computerized 3-D facial measurement and modeling system. 2nd Congress of the International Federation of Esthetic Dentistry. Transactions: 73, 1997.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Nagumo Y: 195 cases endo-lift for Orientals. 5th International Congress of OAPS Transactions: 3-3A2, 1996.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Nagumo Y: Computerized 3-D facial measurement and modeling system. 5th International Congress of OAPS Transactions: 3-4A1, 1996.
  • 南雲吉則:マルチメディアを用いた遠隔診断支援システムの開発. 第4回乳癌学会総会プロシーディングス:23, 1996.
  • 南雲吉則:いい顔をつくる輪郭形成術. 日本顔学会第5回公開シンポジウムプロシーディングス:2-7, 1996.
  • 南雲吉則、川本 潔:新時代のエイジング治療-エンドリフト. 第69回日本美容外科学会プロシ-ディング:2-3, 1995.
  • 南雲吉則、川本 潔:顔面輪郭形成術に有用な三次元計測・実体モデル技術. 第69回日本美容外科学会プロシ-ディング:5-6, 1995.
  • 南雲吉則、馬場紀行、川端英孝、他:局所再発危険群に対する乳房形態温存術:皮下乳腺全摘・胸筋下インプラント挿入術. 第3回乳癌学会総会プロシーディングス:29, 1995.
  • Nagumo Y, Baba N, Kawabata H, et al.: Central mound mastectomy with immediate nipple reconstruction. Intern J Oncol 5 Suppl: 408, 1994.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Nagumo K, et al.: Innovation of ultrasonic lipolysis cannula. Ultrasound Med Biol 20 Suppl: S97, 1994.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Nagumo K, et al.: Ultrasonic diagnosis of ruptured breast silicone implants. Ultrasound Med Biol 20 Suppl: S185, 1994.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Nagumo K, et al.: Ultrasonic diagnosis of facial soft tissue for facial contouring. Ultrasound Med Biol 20 Suppl: S192, 1994.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Nagumo Y: Endoscopic forehead lift for Orientals. 4th International Congress of OAPS Proceedings: 57, 1994.
  • Nagumo Y, Kawamoto K: 1,800 cases of augmentation mammaplasty using intraoperative self-deciding method. 4th International Congress of OAPS Proceedings: 75, 1994.
  • Nagumo Y, Kawamoto K, Sato T, et al.: Facial contouring using computerized 3-D imaging and modeling. The 3rdBiennial Meeting of The Asian Academy of Aesthetic Dentistry Proceedings: 72, 1994.
  • 南雲吉則、馬場紀行、川端英孝、他:乳頭側進展早期乳癌に対する乳頭切除・同時再建法による乳房温存療法. 第2回乳癌学会総会プロシーディングス:62, 1994.
  • Nagumo Y: Ultrasonic diagnosis of ruptured breast silicone implants. The 6th Asian Congress of IPRS Proceedings : 148, 1993.
  • Nagumo Y: 1000 cases of augmentation mammaplasty by the intraoperative self-deciding method: Plastic Surgery 1992 Vol. III – Abstracts. Madrid, Spain, IPRS. 1992, p.207.
  • Nagumo Y., Kawamoto K. and Nagumo Y. : 1700 cases with augmentation of mammaplasty performed by own method. The 1st international congress of Japanese and Korean plastic and reconstructive surgery Proceedings: 39, 1991.
  • 南雲吉則、武山 浩、篠崎 登、内田 賢、細谷哲男、桜井健司:乳癌手術41年後の局所再発. 第723回外科集談会プロシーディングス:5-6, 1986.
III. 著書
  • 南雲吉則:酒井成身編集、美容外科基本手術-適応と術式-、腋窩切開プロステーシス挿入法:170-3、南光堂、2008.
  • 南雲吉則:野村和弘・平出朝子監修、藤原康弘編集、がん看護実線シリーズ8巻 乳がん、第3章-Ⅰ-B-1-1)乳房再建:171-4、メジカルフレンド社、東京、2007.
  • 南雲吉則他:キャンサーネットジャパン編、抗ガンサプリメントの効果と副作用徹底検証!、三省堂、東京、2005.
  • 南雲吉則:幕内雅敏監修、霞富士雄編集、乳腺外科の要点と盲点第2版、乳房形成術implant法:290、文光堂、東京、2005.
  • 南雲吉則:幕内雅敏監修、霞富士雄編集、乳腺外科の要点と盲点第2版、豊胸術の被膜拘縮予防のコツ:294、文光堂、東京、2005.
  • 南雲吉則、吉田和彦、岩瀬 哲、嵯峨崎泰子編著:あなたのがん治療本当に大丈夫?セカンドオピニオンQ&A、三省堂、東京、2005.
  • 南雲吉則:霞富士雄、植野映編集、乳癌の手術、Ⅵ乳房形成術、インプラントを用いた乳房再建術:194-219、南江堂、東京、2005.
  • 南雲吉則:光山昌珠編集、乳癌診療二頁の秘訣、診断-画像診断、超音波検査を用いたシリコンジェルバッグ破損の診断:98-99、金原出版、東京、2004.
  • 南雲吉則:霞富士雄編集、乳癌治療のコツと落とし穴、手術、乳房再建を前提とした皮下乳腺全摘術:130-131、中山書店、東京、2004.
  • 南雲吉則:霞富士雄編集、乳癌診断のコツと落とし穴、US、豊胸術後乳房の超音波診断:62-63、中山書店、東京、2004.
  • 南雲吉則:乳ガン110番、日刊工業新聞社、東京、2004.
  • 南雲吉則:沢井清司・福間英祐編集、鏡視下乳腺手術の実際、第3章 鏡視下手術による豊胸手術・乳房再建術 1.生理食塩水バックを用いた鏡視下手術:49-55、金原出版、東京、2002.
  • 南雲吉則:平沼謙二・丸山剛朗・岩久正明監修、歯科審美学基礎編、2)形成外科の立場から:170-173、永末書店、東京、2002.
  • 南雲吉則:ガン110番、日刊工業新聞社、東京、2001.
  • 南雲吉則:ガンに勝つ法・セカンドオピニオンのすすめ、エール出版、東京、2001.
  • 南雲吉則:幕内雅敏監修、霞富士雄編集、乳腺外科の要点と盲点、VIII良性疾患診療のKnack & Pitfalls、10. 豊胸術、文光堂、東京、1998.
  • 南雲吉則:幕内雅敏監修、悪化する癌の治療百科、第1章ーがんとは?、三省堂、東京、1995.
  • 南雲吉則、吉田和彦訳:乳ガンの発見ーもしものときにどうすべきか、祥伝社、東京、1994.
  • 南雲吉則論文集吉田和彦訳:あなたと乳ガン、ナグモ美容医学研究所、東京、1992.
  • 南雲吉則:バストクリニック、第二版、日本エディタース、東京、1992.
  • 南雲吉則(監修):美しくなる秘訣、主婦の友社、東京、1992.