乳腺外科・美容外科・形成外科 [ 東京・名古屋・大阪・福岡 ]
豊胸手術・注入豊胸法・陥没乳頭の治療・乳がん検診/バストの総合医療ナグモクリニック

文字サイズ 
HOME  >  ナグモクリニックの歴史

「ナグモクリニック」の歩み

平成 2年に医療法人の認可を受けて、東京/西五反田に医療法人社団ナグモ会ナグモクリニックが誕生しました。バストの美容から健康、機能までの治療を総合的に行いたいという総院長の南雲吉則の思いより、地域に根ざした医療を提供してまいりましたが、近年の来院患者様の増加に対応するため、平成11年 7月には五反田と隣接する大崎に移転し、より多くの患者様の診療を行うことができるようになりました。 また、従来の自費医療に加えて健康保険による健康医療分野も併設し、さらには乳がん専門の外科系医師や放射線科医師、形成外科医師による外来も行っています。

ナグモクリニックは、乳腺外科・美容外科・形成外科の診療科を設けています。バストの美容医療では、小さなバスト、授乳でしぼんだバスト、 大きな乳首、へこんだ乳首、大きな乳輪など、バストに関する様々な悩みの治療に応えています。術後 は、将来にわたる乳がん検診から乳がん手術、乳房再建術までを行える乳腺専門医、美容外科医、形成外科医が、バストの美容から健康までを総合的に診療しています。

平成 6年に大阪・平成 7年には福岡へ、平成21年名古屋、平成24年徳島、札幌に新しいクリニックを設け全国の患者様のご要望に お応えしています。平成26年3月1日より「東京院」は千代田区三番町(半蔵門)に、 さらに先進的なバストの総合医療を可能にするため乳房再建センタービルを新設し移転いたしました。

⇒ドクター紹介